インターネットFAXの一斉送信と添付ファイル

インターネットFAXの一斉送信と添付ファイル

FAXを複数の宛先に同時に送信したいという要望はかねてからありました。従来の電話回線を用いたFAXではあくまで一対一の通信となるためこの望みは叶わず、送信したい宛先の数だけ送信を繰り返す必要があり、時間はかかる上に通信料も非常にかさんでしまうものでした。しかしインターネット網を経由して送受信を行うインターネットFAXでは、複数の宛先に一斉に送信することができます。多くの拠点へ同じFAXを一斉送信する必要のある使い方では、もはやインターネットFAXしか選択肢がないと言っても過言ではありません。

 

インターネットFAXサービスプロバイダにもよりますが、送信時の料金は3分で8円などと時間当たりの従量課金となっているプロバイダがあります。この場合、一斉送信ですと短時間で複数の宛先に送信ができるため、特に従来のFAXからの乗り換えでコスト削減効果が実感できるはずです。利用料が半分どころか、1/10程度まで減ってもおかしくありません。

 

また、インターネットFAXは電子メールの添付ファイルという形でデータが送受信されるのも、便利に扱えるポイントです。データは全てPDF等に変換されて電子メールに添付された形となるため、データの管理が非常に便利です。後から古いデータを取り出すのも、一括してアーカイブし保管するのも、パソコンからあっという間に行えます。インターネットFAXサービスプロバイダによってはオフィスのファイルをそのまま送信すると自動的にPDF等に変換してくれるため、オフィスのデータをファックスすることが多い人はより便利です。